スノーボード好きな管理人による、スノーボード好きに送る、スノーボード好きのためのスノーボードサイト!



トップページ > 滑走日記 > 11.01.06〜
12.1.6〜
●1月6日

昨日は積もった雪は最高に良かったのだが、風が強くてリフトが止まった。非常に残念な一日となった。今日もリフトが止まるかもしれないくらい風が強かったので期待しないで行ったら、A4、K4以外は動いていた様子。とりあえず朝一からセンターフォーを回した。

こんな天気の時はゴンドラが激混みするし、さくっと回せるセンターフォーを選択するのが正しい。基本的にセンターフォーが好きなので、いろんなラインを選んで滑り倒した。10本も滑れば脚もパンパンになる。


●1月7日

全山の時間券がちょっと余っている人から購入したので、今日はビレッジ、アンヌプリを攻めることにした。本命はアンヌプリ山頂ゲートからの大沢。

朝一でビレッジのスーパーステーションを目指す。おそらくニセコ界隈のゲレンデ内のオフピステのコースでは一番長いコースだと思われる。が、雪の付きが悪く、修行のような感じになってしまった。

その足でアンヌプリ山頂に到着したが、2番ゲートは閉まったまま。仕方がないのであまり知られていない8番ゲートから入ってみることに。8番ゲートは初体験。森の中の雪の付き方が素晴らしく、いい滑りをすることができた。

その後は時間券の関係でヒラフに戻って来て、尾根、尾根ロングで〆た。もしかしたら今頃、山頂ゲート開いているかも。


●1月8日

昨日の夜は快晴で、羊蹄山が全抜け状態の「超羊蹄山」だった。快晴ということは新雪には期待が出来ず。朝起きたら雪が降っていたが、朝6時ころから降り始めたとのこと。あまり期待できなかったので、ピーク狙いで9時発。そのままK4リフトまで上がり、到着したころに山頂ゲートがオープンした。

バックボウルに3番目に入ったが、きれいにリセットされていて、底当たりすることもないいいパウダーをたらふくいただきました。いやぁ〜最高っすわ。その後はアンヌプリ山頂ゲートから大沢を滑ったけど、上の方は極上パウダー、中間からは底当たりする感じでした。

その後はアンヌプリ山頂からヒラフ側に滑り、尾根ロングで〆た。これだけ充実のルーティーンで、ヒラフ券1時間、アンヌプリ券1時間しか消費していない。バックボウルのあの斜面をリフトアクセス&20分程度のハイクでいただけるニセコは、改めてすごい山だと思う。


●1月9日

地元の友達のモッキーがニセコに遊びに来ているのでセッションすることになり、昨日と同じルート、バックボウル→大沢→尾根ロングに行ってきました。雪の付きも昨日より良く、非常に良いコンディションで滑ることが出来ました。今日はファーストエントリーだったのでノートラックをいただくことができて大満足です。モッキーも満足してくれたようで、いいセッションが出来たと思います。

明日でニセコを去り、予定では1時間しか滑らないので、最後にいい雪を当てられて大満足です。


●1月10日
残念ながらデジカメの電池が切れてしまったので画像はありません。

1時間しか滑らない予定でしたが、山頂ゲートも開くとのことなので藤原でも滑って帰ろうと計画。朝一で花三まで上がり花三を流す。山頂ゲートが開くころを見越して山頂に行き、ゲートオープンと同時にのぼり始める。本当は東尾根に落ちたかったけど、あっちに行っちゃうと時間的に厳しいものがあるので藤原へ。

それでも雪は極上で素晴らしく、さくっと滑るには申し訳ないくらいの雪質でした。こんなにいいコンディションをリフトアクセス&少しのハイクで味わえてしまうニセコはやはりすごいところだと、改めて実感しました。


●1月28日

停滞中の寒気の影響で、日本海側は災害級の雪が降っています。ほんとうはだいくらの一番上のダイクラゲレンデを狙っていたけど、雪が降りすぎて今シーズンはクローズだそうだ。だいくらはやめて、5年くらいずっと狙っていたけど行けていなかったスキーリゾート天栄へ。

天栄はリフト1本しかないファミリーゲレンデ。でも正面にはテンエイのカベと呼ばれる最大斜度38度のコースがある。ファミリーゲレンデで38度とか、誰も入らないだろうと。しかもこの寒気で雪も降っている。これは行ってみようと。昨日からの降雪は20センチ程度かな?テンエイのカベは前日までのトラックが消えていない。うーん残念。除雪が間に合わず8時半オープンが9時オープンとの事。お詫びにとドリンク券を3枚もらう。

その後オープンしたけど、トラックの跡も固まっていないので結構いい感じ。斜度もあるし雪も軽いし、結構いいコンディションでした。カベにはほとんど人も入らなかったのでずっと食い放題状態でした。


●2月2日

日本海側に大雪警報が発令され、災害級の雪が降っている。福島の南会津あたりも結構降っているみたいだし、人の少ない平日に狙いを定め今日、秘境南郷に行ってきた。南郷はシーズン券を買って休みのたびに通っていたシーズンもある思い入れのあるゲレンデです。

朝一からスタートしたけど、やはりというか人が少なく、風は強かったけど思ったよりも人が少なくパウダー食い放題状態でした。

初心者の頃は「南郷は急斜面が多い」というイメージがあった。南郷名物の日向ゲレンデを滑るときには、かなり緊張したものだ。今日も日向ゲレンデ滑ったけど、鼻歌まじりで滑ることが出来る。自分では気が付かなかったけど成長したものだ。

風が強くて2時間で心が折れたけど、その2時間でかなりの本数を回せたと思う。


●2月19日

ニセコにショートトリップに来ている。最近はBCばかり行っているから、滑りに対してのフラストレーションが溜まっている。今回はもちろんピークも狙うけど、ゲレンデをたくさん滑って脚がパンパンになるくらい滑り倒そうと思っている。

が、昨日の夜の酒が抜けず、朝一から行こうと思っていたけど行けず、一旦寝て起きて11時スタート。宿が一緒のとある女性と一緒になったのでセッションすることに。ニセコには何年も行っているけど、知らないポイントとかまだ結構あるもので、今回もすごくたくさんのポイントを知ることが出来た。中でも花1の見えるけど行けないオープンバーンとか行けたのは大きな収穫。ニセコはつくづくすごい。


●2月20日

朝一D線スタート。山頂ゲートが開くとの事なので朝一で上を目指す。が、ガスがすごかったのであきらめて花1に落とす。ほとんどパークにはいかないけど、パークのキッカー横のカベを当て込めるように作られていて、リフトから見て楽しそうなのでやってみた。うん、いい感じ。

リフトに乗っていたらガスが抜けてきたので慌てて上へ。かなり出遅れ気味。それでもピークハントをして東尾根に落とす。うん、今日も最高。

その後ロイテツ。まあまあでした。ゴンドラに乗ったらラッキーゴンドラ。あまりゴンドラ乗らないけど、当たっちゃった。ゴンドラにツキがあると思い、裏ミハ回し。かなり残っていて雪も軽かった。いつもよりかなり頑張って滑り倒し、脚に乳酸溜まりまくりました。


●2月21日

ニセコ滞在最終日。11時30分のバスなので荷造りも考えたら滑れるのは2時間。リフト回しでガッツリ滑ろう!と思っていたら強風で上部のリフトが動かず。とりあえずA3まで上がり、6Cが動いていなかったので6Cに落とし、そのままスインギングモンキーに乗りロイテツ。ゴンドラから裏ミハ。次のゴンドラに乗ったところで1時間消費。1時間でこのルーティーンは我ながら満足ですが、風が強く心が折れて終了。まぁ、今回のトリップは滑り倒すと言う事でかなり気合を入れて滑った4日間。最終日はあれだけど、かなり満足のいくスノーボードが出来たのではないか。

←前へ滑走日記次へ→



スポンサードリンク