スノーボード好きな管理人による、スノーボード好きに送る、スノーボード好きのためのスノーボードサイト!



トップページ > 滑走日記 > 11.01.03〜
11.1.3〜
●1月3日

ココの所積雪が全くなく、昨日は1時間だけ滑ったけど消化不良。今日は積雪が10センチ程度。事実上、今日が今年の滑り始め。

積雪が10センチ程度だったけど、上はもう少し積もっているだろうと思い、花3を目指したが、スインギングに乗っている時に6壁のピステンが超気持ちよさそうだったので攻めることに。気持ちいい。きれいなピステンだった。

その後は花3→花1辺りを攻めたけど、それなりにスプレーも上がり気持ち良かった。久しぶりの感覚だったなぁ・・・。


●1月6日

昨日からの積雪は40センチ程度。夜に降っていた雪は軽く、大きめの雪なので極上だったが、朝方に降った雪はアラレのような雪。センターフォーまで上がるか迷ったけど、D線スタートにした。これが正解。朝一のスーパーコースは雪が多く、トラックがないと進まないように見えた。逆にトラックを使えば板も走るし、残りまくっているパウダーに当て込む事も出来る。

ただ、今日は風と濃霧のために上のリフトが動かない。花1まで行く事も考えたが、センターフォーを中心に攻めることにした。ゲレンデ脇には食いきれないほどのパウダーが残っていた。今シーズン初の尾根(大広間)と温泉沢にも行けたし大満足。今シーズン初、満足の行くコンディションの中、スノーボードをする事が出来ました。体調次第ではナイターにも出没したいです。

●1月7日

今日もD線スタートと思いきや、ピステンかけてからの積雪が多くD線が遅れることに。リフト係のおっちゃんも、20年位やってるけど始めてと言っていた。D線でこんな状態だし、上はもっとひどいだろうと思い、花園へバスで行く事にした。この選択が大正解。上が動いていないので人がめちゃめちゃ少ないし、食っても食っても食いきれないほどパウダーが残っていました。


●1月8日

今日の積雪は30センチ程度。昨日のナイターの時点で結構残っていたから、そこに着いているから間違いないでしょう。今日はD線スタートで上がり、スーパーコースから。なまら気持ちいい。その後は上がなかなかオープンしなかったのでセンター4を回していたけど、人の混み具合が激しくて身動き取れず。人の少ないリフトを探しながら滑ったけど、動いているリフトが少なくはけなかった。滑り自体はすごく良かったけど、人の多さに断念して上がりました。


●1月9日

昨日のナイターは残念な感じになっていたし、積雪も少なかったからあまり期待はしていなかった。しかも視界が悪くホワイトアウト状態でスピードも出せず、どこを攻めようか迷っていたが、下の方が視界がいいだろうと花1へ。これが正解。ストロベリーフィールドのゲートが開いていた。

ウワサが広まるのは早く、あっという間にトラバースラインが渋滞になってしまったが、違うラインを作り、おいしそうな所からドロップ。もうね、最っっっ高でしたわ。地形も面白かったし積雪も申し分ない。マッシュもたくさんあったし。

ストロベリーを食べまくった後、ロイズ経由で帰ってきましたが、ロイズも良かったですね。昨日で祭は終了かと思いましたが、まだ続いています。


●1月10日

【今日のルーティーン】スーパーコース→ロイズ→裏見晴らし→藤原(7トラ)→ストロベリー→裏見晴らし→尾根ロング

朝一でスーパーコースの祭に参加して、その後は花園に流れる予定だったケド、途中で見えたロイズがあまりにもヨサゲだったので行ってみる事に。ヤバイ。とにかくヤバかった。その後の裏見晴らしもかなり良かった。その後は藤原を滑ってみたけど、結構ラインが入っていたかな。それでも結構楽しかったけど。

とりあえず今回ニセコはコレで終了。後半結構降ってくれたのでおいしい思いも出来たけど、やはりピークから滑っていないが心残りかなと。2月にも来るので、その時はぜひ行きたい。


●1月11日

今回帰る前に、一回行ってみたかったキロロに行ってみた。見た感じ横に広いゲレンデ。降雪はナシ。ゴンドラがすごく長くて、乗車時間が15分。お客さんの数も少なかったかな。

降雪がないのできれいなピステンバーンでキリキリカービングで滑り倒す。


●1月19日

ニセコでいつも宿が一緒のヘッキーさんが、野沢の裏を滑りに行くとの話があったので便乗させてもらうことに。しかし、野沢が条例で、ゲレンデのコース以外、滑れないようになってしまったらしく、仕方なくゲレンデを滑る事に。前日は結構良かったらしいのですが、今日は残雪がちょっとある程度。面白い斜面も結構あるけれど、フラットな斜面が多い印象ですかね。消化不良気味で終了。


●1月20日

ゲレンデを滑る為に長野に来たんじゃない!

って事で、白馬のブルークリフっていう会社のワンデーツアーに参加してきました。今回のコースは栂池からゴンドラ&リフトで登り、ハイク&ライドしながら白馬乗鞍に帰ってくるというルート。天気が良くなかったので心配したけどツアーは決行されて、極上のパウダーをいただいてきました。

今回行ったコースですが、結構斜度がきつめで、雪の付き方も良かったので非常にスバラシイものでした。ニセコでもあれほどのコンディションで滑るのは難しいと思います。本州にもいい環境があるだろうとは思っていましたが、身を持って体感できたのは大きな収穫です。


●1月23日

昨日、何となくネットサーフをしていたら、今日(23日)にすみかわでバックカントリーミーティングが行われる事を知った。突発的で迷ったけど、すみかわは狙っていたゲレンデだし、行ってみようかと。

7時半集合と結構早くて大変でした。内容は机上講習あり、ビーコンテストあり、キャットに乗ってバックカントリーありと、充実の内容でした。個人的にはビーコンテストが非常に参考になり、ビーコンマニアの講師、伊藤さんの「伊藤式」ビーコンの使い方など、収穫も多かったです。

キャットは3本滑る事が出来たけど、コースは若干ぬるかったかな。前回の白馬がやばすぎたので、そう思ってしまったのかも。でも雪質は結構良かったし、バックカントリー初心者にはイイコースかも知れませんね。

とにかく今日は、非常に濃い一日となりました。最後の校長の加藤さんの話が印象的でした。「研修や講習も必要だが、我々は山からいろんな事を教わっている」と。これってすごく深い言葉ですよね。

●1月29日

パウダーを滑りたかったら、一番大切な事はパウダーのあるゲレンデに行く事。では、パウダーのあるゲレンデはどうやって探すか。便利な世の中になったものだ。インターネットを使えば、ある程度情報を収集出来る。毎日ネットでパウダー情報を収集しているが、今日の天神平がヨサゲだったので、昨日出発し、沼田の健康ランドに泊って天神平に行ってきた。

朝7時からリフトが動くと言う事だったけど、お目当ての峠リフトは9時からとの事。8時位までは他のリフトで回し、ゲレ脇パウダーをいただき、8時くらいから1時間峠リフトに並んだ。2番目だった。リフトが動き出し、結果的には2番目だったけど、1番目の人と違うラインを攻めたので面ツルをおいしくイタダキマシタ。

峠リフトを4本回して、ゲレンデがギタギタになった所で田尻沢のオープンを待つ。天神平はロープウェイで登った上にあるゲレンデなのですが、そのロープウェイ区間も滑る事が出来る。それが田尻沢。正直、峠リフトの区間は、個人的に距離が短すぎてイマイチ。雪とか地形はかなり良かったし、相乗りした人とかは「今日はTHADAYですね」とか言ってたけど、物足りなかった。田尻沢は距離も長いし期待していたけど・・・。

やがて田尻沢もオープンしたけど、基本的には通路を滑る感じ。所どころ面白かったけど。

贅沢は敵です。今日は普通に考えれば、すんごくいいコンディションだったのに、満足出来なくなっている。

●1月31日

大型寒気が来てる。場合によっては今シーズン最後か?日本海側ではゴン降りだけど、内陸はそうでもない。近所だと南会津あたりはそこそこ降っているみたい。とりあえずたかつえ行くか・・・。位に思っていた。雪の状況とかいろいろ調べていたら、名前すら聞いた事のないゲレンデが目に入った。

フェアリーランドかねやま。

いろいろ調べているうちに行きたくなった。距離的にも南郷より15キロ程度遠い位だ。行けない事もない。

家から3時間程度で到着。到着して、リフトが動いていない。休みか?スタッフさんが歩いていたので聞いてみた。どうやらやっているらしい。でも人影がない。それもそのはず、客はワタクシだけだった。

もうね、ワタクシ1人の為にリフトを動かしてもらったようなもの。ゲレンデも独り占め。食っても食っても食いきれないほどのパウダー。思いっきりロングターンしても、チョッカッテも誰にも迷惑かけない。もう最高。


←前へ滑走日記次へ→



スポンサードリンク