スノーボード好きな管理人による、スノーボード好きに送る、スノーボード好きのためのスノーボードサイト!



トップページ > 滑走日記 > 07.12.19〜
07.12.19〜
●12月19日

【今日のルーティーン】花3→ブルーベリー→ストロベリー→第7(キング第4)→ロイズ→裏見晴らし→尾根

朝一から宿の住民の方々と9人パーティーを組み、案内しつつセッションした。前日はそれほど降ってはいなったけど、深雪があるところにはあって、気持ちよかった。お昼前に尾根に入ったけど、ほとんど先客がいなくて、ノートラックの斜面も結構あったり、かなりコンディションはよかったです。

体調次第でナイターにも行きたいです。



昼から夕方にかけてガンガン雪が降っていた。また宿の皆様とセッションすることになりゲレンデへ。センターフォーからゴンドラへ。ゴンドラからセンターフォー経由で6Cへ。6Cからまたゴンドラへと移動しながら滑る。楽しい。ニセコはナイターでも滑れる範囲が広いから楽しめる。

はじめは若干ウェットな雪だったけど、途中からドライな雪になった。このまま降り続いてくれれば、明日はかなり楽しめるはず。

後半はセンターフォーから五壁手前まで大周りで行ってセンターフォーに戻ったり、ナイトスーパーコースのコース脇をいただいたり、センターフォーを回した。いやぁ〜今日のナイターは楽しかったなぁ♪


●12月20日

【今日のルーティーン】5壁→ロイズ→裏見晴らし×3→第7からアルペン経由、尾根ロング

朝起きたら、大きめの玉の雪が降っていた。昨日の晩はほとんど降っていなかったのでそれほど期待はしていなかったけど、玄関を出たら足首程度のパウダーがあった。しかも激軽い!期待してリフトで上がったが、上にいくにつれて雪の玉が小さくなっていった。底あたりはしたけど、結構良かった。

今日は見晴らしが当たりでしたね。ゴンドラ降りてからハイクして、裏に行ったけど、滑り出しのあたりのバーンは膝パウで雪質も良く最高でした。第7からのアルペン経由、尾根も結構良かったです。

今日は途中で晴れて羊蹄山が見えたけど、全抜けではありませんでした。雲が帽子をかぶっているような感じで、珍しかったので写真を撮ってみた。結構いろんな人がケイタイで撮影していましたね。

体調とコンディションによっては、ナイターにも出没します。



疲れてはいるんだろうけど、みんなが行くとなればテンションも上がり、行くことになった。センターフォーからゴンドラ、ゴンドラからセンターフォーとゲレンデを大きく使い、ナイターを楽しむ。一番調子が良かったのは6Cの小屋横の上?の所。ものすごく軽い雪が全然残っていて、おいしく頂きました。

帰ってくる頃には雪がガンガン降ってきて、D線のコース内にもかなり積もっていた。このまま降り続けば、明日はかなり期待できる。


●12月21日


昨日の夜はがっつり降っていたけど、その後はあまり降っていなかったみたい。スーパーコースに付いている可能性は半々くらいでしょうか。宿のクルーのテンションが上がってしまいそれに付き合ってセンターフォーまでハイクすることに。

・・・。

思ったとおり、底当たりした。

その後は花3→花1→ロイズ→見晴らし×4→尾根のルーティーン。見晴らしが調子良かったかな。

今日はナイター休みます。


●12月22日


同じ宿のまさくんが8時半のバスに乗って帰るのでそれを見送り、それから準備をはじめて、結局出発したのが10時頃。6Cや花3を中心に攻めて、キング第4から一気に花1まで滑った。長距離滑走が悪かったのか古傷が痛み出し、滑れないくらいの状態に。一緒に滑っていた人たちを先に行かせて、1本休むことにした。

その時に花1で、Red BullとSOYJOYを配っていた。もちろんいただいて休憩。その後も足の痛みは治まらず、上がることにした。足の調子が・・・悪い。



足の調子は悪かったけど、ストレッチをシッカリしたら行けそうな気になった。とりあえず少しだけと行ってみた。山にはガスが掛かっていて、6Cは完全にガスに覆われていたので、センターフォーを流すことに。コースはほとんど食われていたけど、コース間のツリーなどにはそれなりに残っていて、ギャップを飛びながら軽めに流した。

ちなみに・・・この写真はクラッシュ後の様子を収めたのですが、RC-Mのライダーさんなんです。


●12月23日


新雪がほとんどなかったので、9時半に宿を出た。久しぶりのヒトリスト。今日は三連休の初日。予想通り激混みで、D線から並ぶ羽目に。ヒラフよりはアンヌプリの方が空いているだろうし雪も残っているだろうから、今年初のアンヌプリに行ってきた。

予想通り雪は残っていたし、人もヒラフよりは少なかった。アンヌプリの上から下まで通して滑ると、かなり足がパンパンになる。体力の衰えを感じる。昔は長ければ長いほどいいと思っていた。コースの途中で休む人なんて、情けないと思っていた。知らず知らずに情けない人になっていた(笑)


●12月24日


新雪も降っていないし、【なつともちゃん】が明日帰るので、記念にワイスに行くことにした。ワイスとは、昔はスキー場として運営していたけど、今はキャット(雪上車)のみの運営となっている。10時から1時間間隔で運行していて、9時半くらいに到着。僕らのパーティーは6人で、10時便の残りの定員が2人だった。一本2000円だけど2本行かせてもらうことになった。

ベースから上がるときは天気が良かったが、山頂に到着するころにはガスが掛かっていて大変なことになっていた。とりあえずキャットのトラックの脇をすべり、緩斜面になるとトラックを使い戻る・・・を繰り変えす。楽しい♪

二本目はみんなと合流し、少しだけハイクして、ノートラックの斜面をいただくことにしました。本当はワイスのピークから沢沿いに滑り、コースに戻ってくるルーティーンを考えたけど、ガスが掛かっているので断念した。ハイクしたところからノートラックをいただき、コースに入ってからもノートラックをいただき、最終的にはコース脇の深雪をいただいた。雪は重めだったので右足がパンパンになったけど、めちゃめちゃ楽しかった。


●12月25日


昨日から4番ゲートが開いたと聞き、行ってみる事に。藤原の沢を1本だけ滑ってこようと思っていた。新雪はなかったので遅めの出発。11時だったかな・・・。D線リフトは混んでいて、5分くらい待たされた。聞こえてくる話声は外国語ばかりで、英語以外の言語も聞こえてくる。ニセコもさらにインターナショナルになったものだ。

4番ゲートに行くまでには、4本のリフトを乗り継がなければならない。ニセコのリフトは割と早いけど、4本も乗るとさすがに時間がかかる。藤原を滑って花3に乗って帰ってくるだけで、おそらく1時間くらいかかってしまうのではないでしょうか?

出発時間が遅かったので、あまり期待はしていませんでしたが、上の方は結構残っていて、膝パウをおいしくいただきました。下の方はまだブッシュや立木が出ていると思っていたけど、思ったよりは少なかった。それでも滑りにくいことには変わりはないけど・・・。

1本だけの予定だったけど、結構良かったのでもう1本行くことに。2本目もまだまだ残っていて、またまたおいしくいただきました。藤原の大岩の隣に、小さなマッシュが出来ていましたが、2回飛んで2回ともクラッシュしました(笑)


●12月26日


新雪はナシ。こんな日はオフにするのもいいけど、藤原と大沢だけ行ってみることにした。リフトを上がるとき、超天気が良くて、今日も【超羊蹄山】だった。

藤原は昨日やられたマッシュをメイクして、残っている所をむりやり滑った。みんなが奥の方にトラバースで行ってくれたおかげで、手前は割と残っていたように思う。下の方は昨日と同じく修行でした。

花3→キング第4を経由してトラバース、アンヌプリに入り、L字ゲートから大沢に入った。トラックが奥に伸びていたので手前を攻めることにしたけどそれが正解。トラックが全く入っていなくて、おいしいところをいただきまくりました。最っっっ高に良かったです(^ω^)

中腹からはブッシュも多く、下部はカチカチのトレイルでした。まぁトレイルはカチカチくらいの方が滑りやすいとは思いますけどね。

結局2本しか滑らなかったけど、濃密なライディングが出来ました。


●12月28日


ずっと新雪はナシ。昨日はふてくされてオフにして飲んだくれていた。今日は滑る気でいたけれど、二日酔いで起きることができず、結局出たのがお昼過ぎ。みんなが帰ってくる頃でした。

センターフォーを脇のスーパーコースや大回転コースがコブコブになっていてテンションが下がったけど、6Cに乗った時にテンションが上がった。ピークへハイクしている人が見えたからだ。そのままキング第4に乗り、ハイクをしてピークへ。パトロールの人に聞いたところ、今日の12時にゲートを開けたらしい。お昼頃に帰ってきた人は行けなかったことになりますね。

久しぶりのハイクでかなりきつかったけど、登りきった時は天気も良くとても気持ちがよかった。みんなが休んでいるのを横目に、トラックがほとんど入っていない手前の尾根を滑った。雪が座っていてバフバフとはいかなかったけど、トラックのほとんど入っていない斜面を滑るのはやはり気持のいいものですね。

満足もしたし体力的にも厳しかったので花3に乗って、そのまま帰って来ました。


←前へ滑走日記次へ→





スポンサードリンク