スノーボード好きな管理人による、スノーボード好きに送る、スノーボード好きのためのスノーボードサイト!



トップページ > スノーボードコラム > 事故とスノーボード
事故とスノーボード
●スノーボードは危険?
毎年冬になると、スノーボーダーが死亡したニュースを見ます。
死亡原因はゲレンデ内、ゲレンデ外さまざまですが、
必ず毎年、スノーボーダーが亡くなっています。

毎年スノーボーダーが亡くなるので、
スノーボードをしていない一般の方には
スノーボード=危険
と思っている人もいるでしょう。

事故原因、対策について考えてみましょう。


●ゲレンデ内死亡事故
ゲレンデ内の死亡事故は、
キッカーの着地失敗による事故や
リフト支柱に激突などがあります。

これらの事故の原因として考えられるのは、
自分のキャパを超えてしまい、
出来ない事をした結果、
事故にあってしまったのではないでしょうか?

うまくなるためには無理もしなければなりません。
しかし、自分のキャパを超えれば、
当然、リスクが伴います。

事故は、仲間とテンションが上がってしまった時に起きます。
出来ない事をしようとしてしまいますから。

そんな時、
心にブレーキをかける余裕が欲しいものです。

長くスノーボードを楽しむためにも。


●ゲレンデコース外滑走による事故
リフトで簡単アクセス。
ロープやネットを越えてコース外へ。

結構見ますよね。

一本のトレイルが出来てしまえば、
モラルハザードも起きやすいです。

「誰か行っているみたいだし、大丈夫でしょ?」

なんて、軽い気持ちで行ってしまう人もいます。
なぜ、ロープやネットが張ってあるのか?
そこをよく考えてみましょう。

滑走禁止区域外の事故は
世間の目も厳しいです。
最近はSNSなどで、ニュースに対する反応を見られますが、

・滑走禁止区域外を滑って死んだのだから自業自得
・バカが一人減ったので良かった

などと言われてしまいます。
ヒドイ言いようですが、これが世間の反応だと思いますよ。


●バックカントリーでの事故
バックカントリーには危険がたくさんあります。
雪崩、遭難、低体温、立ち木衝突・・・
数え上げればキリがありません。

まだバックカントリーなどをする前の事。
毎年、冬山遭難する人のニュースを見て、
「なんでわざわざ危険なところに行くのだろう?」
とか思っていましたけどね。
今では、シーズンに何回も行くようになってしまいました。

バックカントリーで事故にあわないためには、
極論を言えば、バックカントリーをやらないこと。

もしバックカントリーをやりたいのであれば、
知識、装備をそろえ、
天候情報を収集し、
万が一に備える。

滑走も全力でするのではなく、
いつ、何があっても対応出来るように、
余力を残した滑走をする。

少し位ビビリな方が、
事故にあう可能性は減らせると思っています。


●スノーボードをやらなければ事故にも遭わない
極論を言えば、
スノーボードをやらなければ事故には遭いません。

当然ですが、スノーボードをやるなと言っているわけではありません。
スノーボードにはリスクがあるんだという事です。

長くスノーボードをやるためにも、
リスクを理解した上で、スノーボードを楽しみたいものです。

次へ→









スポンサードリンク