スノーボード好きな管理人による、スノーボード好きに送る、スノーボード好きのためのスノーボードサイト!



トップページ > スノーボードコラム > 天気とスノーボード
天気とスノーボード
●『自然が相手』だから・・・・。
最近では室内ゲレンデや人口降雪などありますが、
本来スノーボードは自然に降った雪を利用するスポーツです。
当然雪がなければ滑れないし、
雪の条件などによって滑り方も変わってくると思います。

天気とスノーボードの関係について語ってみたいと思います。


●天気を読む
管理人がニセコに篭っていたときは、
仕事で看板を下げるときに、
次の日のゲレンデの状態がおおよそで予想できました。

看板は夕方に出して深夜に下げる。
この間に積もった雪の量や質などで予想をしていたのです。
もちろん調子がよさそうなときは朝一でリフトに並び、
極上のパウダーをいただく。

篭っていればこんなことも出来るけど、
そうでもなければなかなかできない。
しかし、あきらめることもありません。
普段テレビでやっている天気予報や新聞、
電話やインターネットでも充分情報を収集できるのです。


●基本は『西高東低』

西高東低
一回は聞いたことがあるのではないでしょうか?

これは冬型の気圧配置の事で、
かなりおおざっぱに言うと
『雪が降る』ということなのです。

中国の方に高気圧があって、
日本海の水蒸気をたくさん含み、
日本列島の山で雪を降らせ、
からっ風になって太平洋に抜けていくのです。(たぶん)

冬になったら天気予報に耳を傾けましょう。
『西高東低』と言っていたら、
山は雪が降っている可能性が高いです。


●計画を立てよう
新聞のスポーツ欄の片隅やゲレンデのHPなどで
積雪情報をチェックすることは出来ますが、
『雪質』まではなかなか調べられませんよね。

管理人が思うのは、
『雪質が違ったらやることも変わってくる』
のではないかと思います。

雪がたくさん降ったときに
『規模は小さいけどパークは充実しているゲレンデ』
に行ってしまうと、
パークにも雪が積もっているので楽しさは半減するし、
雪がずっと降っていないときに
『フリーランが面白いゲレンデ』
に行ったのでは楽しさが半減するでしょう。

ゲレンデや雪の状況でやることは変わってくると思っています。
もし、次の週末に行く予定があって、
その週に降り続いているのであれば、
フリーランが面白いゲレンデに行けばいいですよね。

行くゲレンデが決まっていれば、
行くまでにかかる時間を逆算していけば
出発時間などの計画も立てられます。
逆に雪が降っていなければ、
パークが充実しているゲレンデに行って遊べばいいのです。

天気チェックをちゃんとやれば、
一回一回のスノーボードの内容を向上させることが出来るはずです。
天気とうまく付き合って、充実したスノーライフを送りたいですね。

→ 次へ








スポンサードリンク