スノーボード好きな管理人による、スノーボード好きに送る、スノーボード好きのためのスノーボードサイト!



トップページ > スノーボードコラム > 山篭りHOW TO
山篭りHOW TO
●スノーボーダーの憧れ 山篭り
スノーボードをしている人なら、
シーズン中毎日、思いっきりスノーボードがしたい!
なんて思っている人も多いことでしょう。

山篭りをしたいけどツテもないし、
何をどうすればいいかわからない人も
多いのではないでしょうか?

そんな方々の為に
篭り先の探し方や各タイプ別の
大まかな詳細などを綴っていきます。


●行き先を決める
山篭りはいくつかのタイプに別れると思います。
たとえば思いっきり滑りたいとか、
ワンメイク頑張りたいなど・・・。

また、仕事の有無、家を借りるか、
ホステルやバックパッカーを利用するかなどさまざまです。
なので『何を優先するか』『何を犠牲にするか』を
良く考える必要があります。

あなたはスノーボードで何をメインにやりたいですか?
フリーラン、パウダー、キッカー、パイプ・・・・
いろいろあります。

何をメインにスノーボードをやりたいかを
よく考えてゲレンデを選びましょう。
フリーランがやりたいのに小さいゲレンデを選んでしまったり、
パイプを頑張りたいのに積雪量が多すぎてパイプが
埋もれてしまうゲレンデでは意味がありませんよね(笑)

次に仕事をするかしないかを考えましょう。
『どのくらいスノーボードがしたいか』と
『篭りに用意できる費用』をてんびんにかけてシッカリ考えましょう。

それでは、タイプ別の篭り先の探し方、メリットとデメリットを紹介します。


●スキー場、リゾートホテル編
スキー場やリゾートホテルの場合、
10月頃にインターネットや求人情報誌に
たくさん求人が入ります。
しかし、競争率は高いと思ったほうが良いでしょう。
人気ゲレンデの場合は8倍と聞いたことがあります。
管理人は履歴書を3通出して全部断わられました(笑)

基本的に仕事は忙しいと思います。
滑る時間よりも仕事の時間のほうが長いと思います。
ガッツリ降った次の日も、みんながパウダー滑っているのを
横目に仕事をしなければならない事もあります。

仕事内容もさまざまで、
レストラン、受付、駐車場係、リフト係など、
仕事内容によって忙しかったり、
時給が変わったり差があるようです。

リフト券はそのホテルによって違いますが、
だいたいの所は支給されるみたいですね。
ホテルによっては使いまわしの場合や、
毎回申請しなければならないところもあります。
自腹のところも結構あります。

メリットもたくさんあって、
1つのホテルに何十人、何百人といるので、
友達がたくさん出来ると思います。
それに働く分お金はかなり貯まります。
人にもよりますが、
40万とか50万とかを持って下山する人もいます。

リゾートバイト・住込みリゾートアルバイトならセールスタッフ

●ペンション編
ペンションはオーナーの考え方次第で
天国にも地獄にも変わります。
天国の場合は、朝、昼、夜とも少しずつ滑れ、
リフト券支給、給料有、寮費無料と、
まるで天国のような条件の話を聞いたことがあります。

しかし、ほとんどの場合が居候(いそうろう)扱いでしょう。
居候とは、労働の対価として食事と寝床を
提供される待遇のことです。
給料は基本的にありません。
給料がなくても仕事はシッカリやらなければなりません。
仕事内容は、食事の準備、掃除、お客さんの送迎などでしょう。

篭り先の探し方は、直接電話するのが一番です。
片っ端から電話をかけてみましょう。

実は管理人もペンションに決まりかけてました。
しかし、『居候』と聞いて断らせていただきました。
あとからそのペンションの居候からきいたのですが、
リフト券の支給もなく、仕事時間もすごく長くて
滑る時間がなかったそうです。
行かなくてよかった・・・。

ペンションは当たりとはずれの差が激しいです。
個人的にはあまりおすすめしません(笑)


●居酒屋・BER編
管理人はは2シーズン居酒屋篭りをしましたが、
ものすごく調子が良かったです。

居酒屋系の仕事は、
夜が仕事なので昼間滑る事が出来ます。
本人次第で毎日でも朝一を滑ることが出来ます。

仕事内容は調理やホール係など。
忙しいときは殺人的に忙しいです。
しかし、お客さんにお酒をご馳走に
なったりすることもしばしばなので、
のんべぇにはたまりませんね(笑)

管理人が働いていた居酒屋は寮があったのですが、
ないところも多いみたいです。
だから部屋借りの人やバックパッカーに篭りながら
バイトしている人もいるようですね。
また、リフト券支給のところもあるし、
居候の所もあるみたいです。
やはりオーナー次第ですね。

ただ、夜の仕事なのでナイターを滑ることが出来ません。
管理人は2シーズンで5回くらいしか滑れませんでした。
ナイターは気温が下がるので雪が軽くなります。
あまり滑れなかったのは残念だな・・・。

居酒屋やBERも直接電話をしまくるしかないでしょう。
数打ちゃ当たるの精神で頑張りましょう。
お金がないけど滑りたい人、
お酒が好きな人にはオススメです。
でも競争率は高いと思います。


●家借り編
家借りは友達何人かでお金を出し合って、
アパートやコテージを借りるものです。
初めから友達数人で借りるケースもあるし、
インターネットの掲示板などで
住人を募集しているものもよく見かけます。

そこまで気の会わない人はいないとは思いますが、
生活サイクルなどが違う人と同じ部屋になってしまうと
ツライかもしれませんね。

部屋借りの一番の利点は自由が利くことでしょう。
朝一からナイターまで好きな時に滑ることが出来るし、
仕事をするかしないかも自分の意思次第です。

しかし、お金はある程度用意しなければなりません。
部屋を借りる時に前払いで払わなければならない場合もあるし、
敷金などを払わなければならないことも起きてきます。

食事を別々にしたり、当番の人が作ったり、
その家にそれぞれのローカルルールが出来たりもしているようです。

部屋の探し方は、9月頃からするのがいいと思います。
冬限定となると見つけにくいのも事実です。
最近ではマンスリーマンションなどで
篭っている人もいるみたいですね。

家借りはおそらく一番自由が利のでいいと思います。
ただツテがないときびしいし、資金の準備も必要です。
途中で喧嘩して出て行く人もいるみたいですね(笑)


●バックパッカー・ホステル編
バッパーなどは知らない人と相部屋になると思います。
個人的にいろんな人と交流出来るので好きですね。
ただ人見知りする人は厳しいかもしれません。
知らない人ばかりなので、貴重品の管理はしっかりしましょう。

海外なら簡単に見つかるのですが、
日本では少ないように感じます。
検索エンジンなどを利用して探してみるといいでしょう。

食事は自分で作ります。
バッパーはキッチンを貸し出していて、
料理道具も揃っています。
短期の滞在にはいいかもしれませんが、
長期なら家借りのほうが安くなると思います。


●費用などその他もろもろ
費用については人それぞれです。
1シーズンで100万使う人もいますし、
20万円くらいで抑えてしまう人もいます。
平均すると50万円位でしょうか。
バイト篭りの人なら、
交通費と最初の給料までの生活費でOKでしょう。

ただ働いている人と働いていない人では違いますし、
海外と国内では航空券の有無も係わってきます。
リフト券も高いところと安いところがあります。
参考までに、
ニセコは約9万円、三山共通は15万円、
ウィスラーは日本円で約14万円、(レートにより変動あり)
アメリカのジャクソンホールは
為替相場によっては20万円くらいだそうです。


●車について
クルマはあったほうがいいです。
管理人はいつも車で行きます。
フェリー代は結構しますが・・・。

みんなで移動する時、
買い物に行く時などは便利ですね。
クルマがなくても誰かに乗せてもらえばいいし、
ヒッチハイクも結構つかまると思います。
管理人はヒッチハイカーをよく乗せていましたし、
カナダの時はよくヒッチハイクしていました。

ただ都会の雰囲気のあるスキー場では危険かもしれません。
ウィスラーでヒッチハイクした日本人の女性が
事故に巻き込まれたケースもあるみたいです。

野郎なら・・・大丈夫でしょ多分。


●最後に
結論から言うと、やるべきだと思います(笑)

確かに、親や親戚、場合によっては近所の人や友達にまで
冷ややかな視線を送られるかもしれません。

ただ、あなたの人生です。
あなたの人生はあなたに決める権利があるのです。
行かなければわからない世界があるし、
年齢的に出来なくなった時に
やっておけばよかったと思っても、
戻ることは出来ません。

山篭りは楽しいです。
そして必ず何かを見つけられるはずです。
人生に一度くらいはそんなときがあっても
いいのではないでしょうか?

→ 次へ
→ 違った見方の山篭りアドバイス








スポンサードリンク