スノーボード好きな管理人による、スノーボード好きに送る、スノーボード好きのためのスノーボードサイト!



トップページ > スノーボードコラム > 怪我とスノーボード
怪我とスノーボード
●スノーボードのケガについて・・・
スノーボードはスピードを付けて山の上から滑るスポーツです。
転べば当然痛いし、場合によっては怪我もします。
最悪死亡する事だってあります。
スノーボードやっていくうえで、
ケガはついてまわるものです。

ゲレンデで滑っていると、
一日に一回くらいはレスキューに運ばれていく人を目撃します。
それだけ怪我をする人が多いということなのでしょう。
管理人は大きな怪我はありませんが、
篭っていた頃は怪我の為に下山する人を何人も見てきました。
怪我をしない為には何をすればいいのでしょうか?


●準備体操は必ず
まずはしっかりと準備運動をする事です。
ゲレンデを目の前にして逸る気持ちもわかりますが、
スノーボードそのものが
寒いところでやるスポーツなので体も冷えます。
準備運動でストレッチなどをする事により体をほぐし、
暖めて動きやすくなります。
怪我の防止には準備運動が必要不可欠です。

また、アフターケアにもストレッチなどの体操が必要です。
整理運動をする事によって疲れを軽減でき、
翌日の筋肉痛も予防します。
ヨガもおすすめです。
ライダーでもヨガをやっている人が結構いるみたいですね。
ヨガは体をやわらかくするだけではなく、
心身の疲れを取り除いたり集中力を高めるのにもいいみたいです。
オススメです。


●無理をしない
無理をするとけがをします。
管理人も過去に無理をして肩を強打し、
そのときの後遺症を今でも引きずっています。

友達同士で滑っているとプッシュしあっちゃいますよね。
すると、どうしても無理をしてしまいます。
しかし怪我をしてしまっては、
その友達にも迷惑をかけることにもなるし、
シーズンが終わってしまうかもしれません。
自分で無理だと思ったことは
【やらない勇気】も必要だと思います。

また、疲れた体で無理をして滑ると、
当然怪我にも繋がります。
睡眠時間はちゃんと取って、温泉に入ったりして
前日の疲れを残さないようにしたいものです。
篭りなどで連続して滑る時は、
たまには休むことも必要だと思います。
いい雪が続くと難しいでしょうが・・・。


●普段からの心がけ
普段から頑丈でやわらかい体を作っておく事を心がけましょう。
当然やわらかく、筋肉が付いていたほうが怪我はしにくいです。
ライダーの人は体が出来ている人が多いです。
ココ何年間で体格がガラッと変わったライダーもいますよね。
もちろんトリックをやるためにも必要なのでしょうが、
怪我をしない為にも必要だと思いますよ。

怪我をしてしまうと自分の仲間、レスキューのスタッフなど、
いろんな人に迷惑がかかってしまいます。
そしてなにより自分自身が痛いしつまらない。
スノーボードをやっていく上で、
怪我とは切っても切れない関係ですが、
自己防衛でいくらでも防ぐことは出来ると思います。

スノーボードを楽しむためにも、普段からカラダを鍛えておきましょう。


→ 次へ







スポンサードリンク