スノーボード好きな管理人による、スノーボード好きに送る、スノーボード好きのためのスノーボードサイト!



トップページ > スノーボードコラム > ゲレンデマナー
ゲレンデマナー
●スノーボーダーはマナーが悪い?
『スノーボーダーはマナーが悪い』
管理人がスノーボードを始めた頃は
一般的にこのように思われていたみたいです。

ぶっちゃけ、確かにマナーの悪いスノーボーダーは
多かったと思います。
一昔前まではね。

今でもマナーの悪いスノーボーダーはいますが、
管理人的には
『スノーボーダー=マナーが悪い』
とは、思って欲しくないのです。
皆さんはどう思いますか?


●悲しい現実
とあるカナダのゲレンデに行ったとき、

ゲレンデの中央で休憩しないで下さい。

と書かれていました。日本語でですよ。

そのゲレンデはでかいし、
滑走距離も日本とは比べ物にならないくらい長いです。
当然疲れますよね。
だから『休むな』とは言いません。
でも、最低限のマナーってあると思うのです。
コースの端で休むとか。


●日本人の民族性?
春になりゲレンデがクローズすると、
各ゲレンデとも、ゴミ拾いを行います。
入場者数の多いゲレンデは
トラック数台分のゴミが出るらしいです。

確かにリフトに乗っていると、
飲みのものペットボトルや
タバコを捨てている人を見かけることがあります。

日本人って、どこでもポイ捨てしますよね。
有名な話だと、富士山を世界遺産に申請して
却下された原因が、捨てられているゴミでした。

このようなことから、日本は諸外国から
『経済は一流だけど、文化は三流』
なんて言われているらしいですからね。
日本はこのままでいいのでしょうか?


●これからやるべきこと
スノーボードは自然の山を滑らせてもらうスポーツです。
スノーボードを楽しむために、
山に対してリスペクトの気持ちを忘れては
いけないと思うのです。

とは言っても、リゾート開発をして山を切り開き、
鉄柱を打ちつけ、リフトを掛けた場所です。
スノーボードの存在自体が自然破壊に繋がってはいるのですが、
それでも最低限のマナーは守らなければならないと思っています。

最低限のマナー。
自己中心にならずに、
みんなが気持ちよくスノーボードが出来るように
少しだけ気を使ってみましょう。
それほど難しいことではないと思いますが、
いかがでしょうか?

→ 次へ








スポンサードリンク