スノーボード好きな管理人による、スノーボード好きに送る、スノーボード好きのためのスノーボードサイト!



トップページ > スノーボード初心者講座 > まずは道具をそろえよう
まずは道具をそろえよう
●そろえる道具の優先順位
スノーボードをはじめるには、
まずは道具をそろえなければなりません。
ただ、スノーボードグッツは安いものではないし、
予算も限られている人もいるでしょう。

もちろん予算に余裕があるのであれば、
全てをそろえてしまったほうが良いのですが、
予算の都合がある場合の優先順位、
それは・・・

まずはウェア、グローブ、ビーニー(ニットキャップ)、ゴーグルなど
身に着けるものをそろえましょう。
板やバインディング、ブーツなどは、
1年目ならレンタルでも良いと思います。


●スノーボードウェア
ウェア選びで大切なことは、
『防寒性』と『動きやすさ』です。
今発売されている『スノーボードウェア』であれば、
大抵のものは問題ないと思います。

ネットショッピングなら格安で入手出来るけど、
試着できないのがネック。


●ゴーグル
かなり重要なアイテムです。
晴れている日は陽の光をさえぎり、
雪の日は雪から視界を守ってくれます。

ゴーグルを買うポイントは、換気する穴が付いている事。
換気穴が付いていないと、自分の汗でレンズが
曇ってしまう恐れ有。管理人はそれで何度も泣かされました。

値段的には10000円前後で充分。
ネットショッピングなら割安にGETできるはず。


●グローブ、ビーニー
グローブやビーニー(ニットキャップ)は
無いとかなり寒い思いをする。
管理人はグローブを忘れて、
ノングローブで滑ったことがあるけど、
つらい思いをしました。

無いと厳しいとは思いますが、
特別いいものをそろえる必要は無いと思います。

管理人的には、ビーニーより
ヘルメットを着用することをオススメしたい。
やはり安全面を考えたらヘルメットのほうがいいし、
ボーダークロスの大会では必須アイテムです。
パークによっては、ヘルメット着用義務のパークもあるみたいです。

もちろん管理人はヘルメッターです。


●その他、身に着けるものであったほうがいいもの
ウェア、ゴーグル、グローブ、ビーニーをそろえれば、
一通りはそろった事になります。
ココからは、さらに快適性、安全性を考えると
あったほうがいいものを紹介します。

スノーボードソックス
特徴は『厚くて長い』
ブーツの下に履くので、厚くて長いソックスがベスト。
管理人の友達で、ルーズソックスで代用している人もいます(笑)

プロテクター
肘、膝、肩、ヒップなどを守るプロテクター。
管理人は『ケツパット』は必須だと思っている。

ファーストレイヤー
発汗性のいい下着のこと。
スノーボードは結構汗をかきます。
そして、ゲレンデは基本的に寒いです。
汗でびっしょりな下着では、
一気に冷えるので注意が必要です。

→ 次へ





スポンサードリンク