スノーボード好きな管理人による、スノーボード好きに送る、スノーボード好きのためのスノーボードサイト!



トップページ > バックカントリースノーボード日記 > 鳥海山(14.04.26〜27)
鳥海山バックカントリースノーボード

やはりGWになると行きたくなる山、それが鳥海山。先シーズンは行けなかったので今シーズンこそは・・・と思い、一人では予算的に厳しいかなと考え、何人か誘ってみた。ほとんどの人が予定アリだったが、ヒトマワリ以上年下のくらが誘いに乗ってくれたのでトリップが決定した。

今回のトリップは1泊2日。海側を昼頃から登り、ピークハントしないでヨサゲな斜面をさくっと滑り、2日目は祓川からピークハントするというもの。コレだけの遠征なのにも係わらず、朝7時に家を出る。5時間のドライブで鳥海山が見えてきた。少しもやがかかっていて見えにくかったが、鳥海山のシルエットが見え始めるとやはりアガル。


鳥海ブルーラインの雪壁。今年も雪はたっぷりあるようです。今回は吹浦口の近くの登山口から入山することにした。準備を済ませ、さっそく登山開始。



登山開始後すぐの日本海側。もやがかかっていてわかりずらいですが、肉眼でならうっすら確認できます。



マップでルートを確認するくら。くらは最近、読図の勉強中との事なので、今回は全てのルートファインディングをお任せしました。


駐車場には車がたくさんあったけど人はまばら。山が大きいので分散しているのでしょうか。やはりバックカントリーはこうでなくては。

鳥海山の海側は、1500〜1700あたりは結構フラットが続く。この先を行ってもそれほどおもしろそうなバーンは無い。駐車場近くのバーンの方が面白そうなので、落として面白そうなバーンを登り返そうという話になった。早速滑走開始。

もやがかかっていたのでそれほどはっきりは見えなかったけれど、日本海に向かって滑るのは気持ちがいい!当て込みが出来る地形もあり楽しかった。その後もう1本登り返して滑ったところで今日は終了。鳥海ブルーラインは17時で閉まってしまうので、早めに帰らなければ。

そして次の日



祓川の駐車場に続く道は細くて雪壁が高い。圧迫感があるので閉所恐怖症のワタクシは結構怖かった(笑)9時ちょっと前に駐車場に到着、9時10分頃ハイク開始。



祓川ルートは登山開始からピークが見える。直線距離で4000メートル、標高差は1000メートルオーバーです。

この日は風がちょうどいい位にあった。この時期はピーカン無風だと体力が消耗され、汗もたくさんかくのでこの位の風が心地よい。おかげでいいペースでハイクすることが出来ました。



祓川ルートは後半に急登が待っている。数回の小休止を挟みながら高度を上げていく。目の前のピークがなかなか遠い。ゆっくり一歩一歩登り、ピークハント!



山頂で記念撮影。いやぁ〜、しかし山頂は景色が素晴らしい。達成感がハンパ無いですね。



山頂からハイクしてくる人を眺める。がんばれ〜、もうちょっとですよ〜!

小休止の後に滑り始め。ハイク中に地形をチェックしていたので、当て込めそうなところを攻める。雪も最高なザラメでした。距離も長く荒れたバーンもあったので、脚に乳酸が溜まります。標高の低いところに数人の「妖怪板つかみ」がいたけど、一気に滑り倒して終了。いやぁ〜、充実した山行でした。



鳥海トリップのシメは酒田市内で海鮮丼!海無し県民としては食べておきたいところです。

やはり鳥海山は素晴らしい山でしたね。今回で3回目の鳥海山でしたが、毎年でも行きたいと思わせてくれる山です。



←前へ|バックカントリースノーボード日記次へ→





スポンサードリンク