スノーボード好きな管理人による、スノーボード好きに送る、スノーボード好きのためのスノーボードサイト!



トップページ > バックカントリースノーボード日記 > 根子岳(14.02.12)
根子岳バックカントリースノーボード

ワタクシ栃木に住んでいるので、中央アルプスの向こう側にはあまり行く機会がない。今回長野に行くことになり、ネットでログを漁っていたら根子岳がお手軽バックカントリーみたい。直登直降なのもワタクシ好み。ほとんどのログが奥ダボススキー場からのエントリーなのだが、地形図を確認したら菅平牧場の方に夏山登山道がある。これなら行けそうかなと。


菅平牧場の入り口には、車数台が停められる駐車スペースがある。ここが登山道の入り口なのですが、ちゃんと登山届が記入できるようになっている。今回は11時登り出し。



スノーシューの先行トレイルがあった。ありがたく使わせていただいたのだが、歩幅が広い。奥ダボスではキャットツアーをやっている。キャットが登っていくのが見える。奥ダボスからエントリーしたら、キャットのトレイルをハイクできるので楽そうではあるけどね。まぁ人と違うことをするのが好きなのでしょう(笑)



30分程度で展望台?に到着。休憩することに。



ここは牧場なので、有刺鉄線の柵が。滑走の際は気をつけないと。



牧場地点を抜けると樹林帯へ。それなりに密林ですね。



登り出しはガスがかかっていたけれど、抜けてすっごくいい天気になってきました。



やがて森林限界へ。山頂もすぐそこ。



山頂付近を見上げるとガレ場だった。これ滑っても快適じゃないだろうな・・・。



普段だったらピークハントしないで滑走しているだろうケド、天気もいいし体力的にも余裕があったので荷物をデポしてピークハントすることに。



さくっとピークハント。登山開始から3時間で登頂。しかしいい天気。



こちらは隣の日本百名山、四阿山。



白馬の山々までバッチリ見えました。しかしいい天気。

荷物をデポした地点まで戻り、小休止の後滑り出し。気温が上がったため春のような雪だったけど板は走るので快適。密林地点はちょっと滑りにくかったかな。でも標高を下げていくと牧場になるのでオープンバーンが現れるので滑りも快適。

標高2200メートルもある山で、今回のコースは標高差600メートルもあるのに割と楽にピークハント出来て、直登直降出来るのでバックカントリースノーボード向きな山かなと思います。お手軽ツアーのつもりで行ったのにかなり良い山行になりました。動画も是非ご覧ください。





←前へ|バックカントリースノーボード日記次へ→





スポンサードリンク