スノーボード好きな管理人による、スノーボード好きに送る、スノーボード好きのためのスノーボードサイト!



トップページ > バックカントリースノーボード日記 > 西吾妻山若女平(14.02.11)
西吾妻山若女平バックカントリースノーボード

「2月11日、どこか登りに行かない?」ってまきおさんから誘われた。天元台の招待券があるらしく使ってもいいとの事だったので、西吾妻山から若女平コースにリベンジしようという話になった。リベンジと言うのは、実は先シーズン、カクカクシカジカありまして苦い経験をした山なのです。詳しくは書きませんが。だから今シーズン、チャンスがあればリベンジを狙っていたコースなのです。

「ふたりだけだとラッセルきついかもですよ〜」って言ったら、司君と悠を誘ってくれて、4人での山行となりました。4人パーティーならラッセルも楽だし、交通費もワリカンになるのでいいですね。ロ
ープウェイとリフト3本を乗り継ぎ、リフト1本分だけ滑ろうかと言う話になった。



9時50分登り出し。天元台のある山は中大巓なのですが、ピークハントしてもあまり意味がないので西吾妻山の方へトラバース気味に登ります。



ラッセルはヒザ位でした。4人で交代しながらだったので、結構楽でしたね。



ガスがかかっていたのですが・・・



一瞬、全抜けして、絶景!しばし写真撮影タイム。



西吾妻山のピークハントしないで、避難小屋へ。小屋で昼食タイム。



昼食後滑り出し。小屋からは少し歩く。今日は雪が深いので、先行の山スキーヤーのトレイルを使わないと埋まってしまう。いやぁ〜しかし深いわ。なかなか快適に滑れない位深い。若女平周辺は斜度もないのでさらにきつい。



若女平を抜けると、ウワサに聞く痩せ尾根。いやこれ恐ろしいほどの痩せ尾根でした。板を外して歩いて渡る事にしました。

痩せ尾根を抜けて夏の登山道通りに滑ります。しばらく行くと橋を渡り、ロープウェイ乗り場の500メートル位下に到着。ここがゴールです。駐車場まで結構遠いので、じゃんけんで負けた人が車を取りに行くことに。見事に負けました(笑)

この周辺は雪質は最高なのですが、若女平コースはスノーボード向きじゃないかも知れませんね。個人的にはもういいかな・・・。まぁ、何事も経験ですからね。今回は動画を編集しましたので、是非ご覧ください。





←前へ|バックカントリースノーボード日記次へ→





スポンサードリンク