スノーボード好きな管理人による、スノーボード好きに送る、スノーボード好きのためのスノーボードサイト!



トップページ > バックカントリースノーボード日記 > 鉄山迷沢(14.01.29)
鉄山迷沢バックカントリースノーボード

 アウトドア仲間のおにぎり、りょーちゃんが同じ日に休みが取れて、それなら山行く?って感じで行くことになりました。大下沢岳と鉄山迷沢のどちらにしようか迷ったけれど、シーズンが短い迷沢の方が優先順位が高いかなと。数日前から天気図とにらめっこしていた。風が強そうだけど彼らとなら行けそうかなと。

 箕輪スキー場の回数券を2枚買い、1本はサイドカントリー、2本目で鉄山避難小屋を目指し、迷沢に落として国道を徒歩で帰って来るメジャールートを計画しました。8時半のCリフト運行開始と同時に乗車してサイドカントリーへ。



 まずはサイドカントリーへ。林間が結構広くて滑りやすい感じですね。この静寂さがたまらなく好きですね。「今日は風も強そうだし、ここが今日一かもしれないね」なんて談笑していました。そしてドロップ。いやぁ〜極上パウダーですね。




 おにぎりとりゃーちゃんのライディング。ココ以外にもいい斜面が結構あって面白かったです。

 GPSで現在位置を確認しながら行きましたが、若干のコース選択ミスもありました。GPSと地形図を見た限り、国道に出てスキー場に戻るより、沢超えして直接戻ったほうが早そうだったのでシューハイクすることに。

 雪質は良いけれど雪の量はそれほど多くないので、スノーブリッジを渡る時は結構勇気がいりました。そこからはトラバース気味に歩きます。雪原が広がりいい景色でした。最後に直登があって体力を奪われましたが無事ゴール。

 今回の山行はハードなものとなりましたが、その分経験できたものも大きかったと思います。箕輪山や鉄山あたりは風が強いので、天気予報等をチェックしてから行きたいところです。パウダーを滑るのが目的であれば、迷沢の下からエントリーして、登った分を滑るのもありかも知れませんね。


←前へ|バックカントリースノーボード日記次へ→





スポンサードリンク