スノーボード好きな管理人による、スノーボード好きに送る、スノーボード好きのためのスノーボードサイト!



トップページ > バックカントリースノーボード日記 > 赤面山(14.01.03)
赤面山バックカントリースノーボード

 この時期は毎日天気図と寒気図をチェックしている。風が強くてもいい雪が滑れそうならばゲレンデへ、高気圧に覆われて雪崩リスクも低い時はバックカントリーに行きたいからだ。那須の山々は風の抜け道になるので風が強く、先シーズン、赤面山にアタックしたけれど風が強くて撤退。必ずリベンジしようと思っていた山だったのですが、天気予報を見る限り今日しかないと思い、先シーズン一緒に行ったおにぎりに昨日誘いを入れたら行くとの事。で、行ってきました。


 赤面山へ向かう道中。道に雪がありません。正面に見えるのがマウントジーンズ。赤面山はここから10分位かな?マウントジーンズは結構混んでいるみたいです。まぁ、混む時期でしょうね。マウントジーンズを過ぎると圧雪道路。たぶんマウントジーンズまでは融雪剤を撒いているのでしょうね。まもなく旧スキー場前に到着。先行らしき車は1台だけ。11時登り出しスタートとちょっと遅め。15時下山予定。


 先行の方の入山跡。ありがたく使わせていただく事に。


 予報通りいい天気です。風も少ないしすっごく気持ちいいっ!



 後を振り返ると白川市内かな?

 旧スキー場沿いをぐんぐん標高を上げていくと、先行者のテレマーカーが滑ってきた。「風で飛ばされちゃってる〜」とかいいながら滑っていました。結構いいラインだったなぁ・・・。高度を上げながら、帰りに滑るポイントをチェック。



 旧スキー場のリフトトップに到着。そういえばこの辺は日光国立公園なのに、営業していないリフトは撤去しないでいいのかな?




 リフトトップからが赤面山の登山道になるのかな?GPSを確認しながら登山道を外れないように高度を上げます。ちなみに今回のコースの高低差は600b位あります。ここから1時間ちょっと位で山頂に到着。13時40分着。







 赤面山山頂から見た三本槍、スダレ山、中の大倉尾根。



 山頂でたそがれるおにぎり。

 昼食休憩やらをして、14時20分滑り出し。途中密なところもあり、バインディングを外す場面もあったけれど、登りのトレイルを使いながら滑る。やがて旧スキー場のバーンに到着。雪壁が育っているところもあり。それほど大きくないので崩れる危険も少ないので当て込みも出来る。うん、面白い。15時下山予定だったけど、車に到着したのが14時57分。きっちり予定通り。

 今シーズン初のバックカントリーだったけど、予報通り天気も良く風も弱く、景色も最高で本当にいい山行となりました。先シーズンのリベンジも出来たし、今シーズンのバックカントリーライフも期待していきたいです。


←前へ|バックカントリースノーボード日記次へ→





スポンサードリンク