スノーボード好きな管理人による、スノーボード好きに送る、スノーボード好きのためのスノーボードサイト!



トップページ > バックカントリースノーボード日記 > 奥白根山(13.05.03)
奥白根山バックカントリースノーボード

今年は3月に気温が上がり、積雪も少なかった。全国的に今年の春シーズンは雪が少なめ。しかししかし、なぜか奥白根山は積雪が多いとの事。家からも近いし行ってみようかなと。

菅沼登山口には10時半頃到着。登り出しは10時40分頃。

登山道には雪がたくさん。三岩岳とかからしたら考えられないくらいの雪の量ですね。菅沼登山道は結構急登らしいのでアイゼンで。

すぐに沢沿いへ。雪も緩んでいい感じのザラメです。期待が高まります。

高度を上げていくとガレ場になってきます。この画像見てもわかると思いますが、雪の上にこぶし大の岩が多数あります。つまり新しい落石ですね。バスケットボール大の落石もありました。ハイク中にも小さい落石は結構ありました。たまに音楽聴きながらハイクしている人を見かけますが、ココでは無謀ですね。

二俣になり、右へ。このあたりからデブリが結構あります。まぁ地形的に雪崩の巣窟ですよね。降った後は近づかないほうがヨサゲですここは。

急登に苦戦しながら高度を上げていくと奥白根山が見えてきました。しかも全抜け!車を走らせている時は雲に隠れていましたけど、抜けてくれました。標高2200m位、ここまでで2時間位です。景色もいいしお腹もすいたので昼休憩。「正面のバーンいい感じだなぁ」「ピークハントしても快適な滑走はできなそうだなぁ」「あのバーン滑ればいいか・・・」なんて考えながら。ホントにピークハントこだわらないよなぁ・・・・。休憩後、あのバーンを目指す。

急登で振り返れば燧ヶ岳。結構近いですね。

あのバーンの上に到着。まぁね、大体予想してはいましたが結構な斜度です。先が見えませんから。行っちゃうのかい?行かないのかい?どっちなんだい?行〜く!まぁ登っていた時にわかっていたことなんですけどね、クラストしていました。斜度があってクラスト、超怖い。時々、吹き溜まりみたいな感じの箇所があって、少しだけ浮遊感を感じました。

滑った斜面。左上の方にトラックがあるのですが、ちょっとこの画像ではわかりにくいですね。ココからは登ってきた通りに滑る。デブリ畑はひどいものでした。まともに滑れたものではない。デブリ畑を抜けると快適なザラメ。しかも大好物の沢地形。すっげー楽しかった!

今回の山行はクラストとデブリ畑にやられた感はあるけど、景色と天気に恵まれ、最後の沢地形のザラメはめちゃくちゃ楽しかった。むしろあの沢地形を何本か滑ったほうが良かったかなとかも思うけど、まぁいい山行でした。




←前へ|バックカントリースノーボード日記次へ→

スポンサードリンク