スノーボード好きな管理人による、スノーボード好きに送る、スノーボード好きのためのスノーボードサイト!



トップページ > バックカントリースノーボード日記 > 巽沢山(13.04.13)
巽沢山バックカントリースノーボード

そろそろ桧枝岐に行っておこうと思い、窓開山、三岩岳、大戸沢岳の中から、悩んだ末に三岩岳に行くことにした。前日に数人にメールをしてみたが、みんな予定あり。単独での山行です。

山岳地帯に入ると、うっすら雪がありました。昨晩降ったみたいですね。小豆スノーシェッドの駐車場に車を止め、6時30分ハイク開始。しかし雪が少ない。今年は3月の気温が高く、雨も多かったので雪解けが早いみたいです。

小豆スノーシェッドの脇から入りました。階段を登って登山道に入ったら雪がなかった・・・。


黒檜沢という沢を登るのですが、結構な水流です。たまにデブリで埋まっていますが、沢底に乗ったら抜けそうで怖い。斜面をトラバース気味に登りました。が、滑落もしたしかなり怖い。これは無理かなと。残念ですが引き返すことにしました。

駐車場に戻ったのが8時前。体力的にもそうだけど、モチベーションがダダ下がり。今から三岩岳はきついかなと。車で標高が稼げる大杉岳にさくっと行こうかと作戦変更。車で移動しました。途中、去年の同じ頃に行った会津駒ケ岳の前を通りましたが、やはり去年よりかなり雪が少ないですね。

しかししかし、道路が通行止めでした。これまた残念。まだ8時だしどこ行こうかと。さらにモチベーションも下がり、とりあえず窓開山の手前にある巽沢山にちょろっと登って、ちょろっと滑って帰ってこようかと。

小豆スノーシェッドの南会津側の国体記念碑前の駐車スペースに車を止め、登りはじめる。もちろん雪はない

夏山登山道が崩落しているところもあるし。しかも結構急登。


1時間位夏道をハイクして、ようやく雪が繋がってきた。ここからスノーシューをはいてハイクする。それほど急登ではなかったので、夏道よりは楽でしたね。


もう少しで巽沢山のピークにつくところで雪消え、藪も濃くなってきた。もう充分でしょ。標高差100メートル位だけど、滑って帰ろっと。メシ休憩をとりまったりと。


結構いい感じの疎林。雪もいい感じのザラメ時々ストップ雪。さくっと滑って雪消え地帯に到着。ココからは下りのハイク。急な斜面をストックを使いながら悪戦苦闘しながら下る。

正直、今回の山行は自分史上最低ランクの山行となってしまった。ただ山の上の方は素晴らしいオープンバーンが拝めた。天気予報もヨサゲなので明日リベンジしてきます。




←前へ|バックカントリースノーボード日記次へ→

スポンサードリンク