スノーボード好きな管理人による、スノーボード好きに送る、スノーボード好きのためのスノーボードサイト!



トップページ > バックカントリースノーボード日記 > 博士山(13.03.30)
博士山バックカントリースノーボード
去年の西大嶺ツアーでご一緒したみどりさんがmixiで博士山に行くことをつぶやいた。博士山はちょっと狙っていた山なので、便乗させていただくことになりました。4人パーティーでしたが、私以外はテレマーカー。山に入っている人のテレマーク率は非常に高いです。いろいろ勉強させてもらってます。

私以外の皆さんは会津若松から行くとの事で、現地で待ち合わせる事に。南郷やだいくらに行くルートで行きましたが、田島あたりは全く雪がありませんでした。なんか新鮮でしたが、雪があるか心配になるほどです。

博士山に近づくにつれ、段々と雪が増えてきました。しかし博士山は僻地ですわ。



博士峠の途中の駐車場?で待ち合わせでしたが、博士峠は7時にならないと開かないのです。6時20分頃に到着してしまい、待つ羽目に。6時40分位に地元のおっちゃんが鍵を開けに来て、開けてくれました。

博士峠を登りましたが、待ち合わせ場所がイマイチわからなかったのですが、カクカクシカジカ合流出来て、準備→ハイクスタートです。



登り出し地点。まだ雪はあります。




同行のテレマーカーさんたち。




登り出し地点。こうしてみると結構密ですね。昨日寒かったのか、結構アイスバーンでした。そして、、、




ガスで景色が見られませんでした。まだ視界が100メートルくらいあったのが救いですかね。






霧氷です。ガスの中の霧氷は、なかなか幻想的でした。




高度を上げていくと、ブナの疎林になりました。すっごくいい感じの癒し系の森です。ガスは相変わらずでしたが笑。




博士山の手前に、通称王博士と呼ばれている山があります。これは王博士のピーク付近なのですが、これわかります?雪壁になっていて、手前に亀裂が入ってます。これ怖いですね。

王博士のピークから博士山に行くには、一度滑らなくてななりません。ガスっていて見えませんでしたが、見えると登り返しが大変そうで、挫折するとの事でした。ある意味、見えなくて良かったかな?




この先に博士山のピークがあります。私たちが登っていたら、上から滑走してくる人?よく見たら、カモシカが激走してきました。すんごい勢いで。写真撮ろうと思いましたが逃げられました。

それからハイクを続け、博士山のピークに到着。




三角点は雪で埋まっているらしいです。

ハイク中にたまに晴れ間も出て来る雰囲気もあったりしましたので、昼食をとりながら抜け待ちをすることに。ある程度待ったけど諦めて滑走することに。若干気温も上がって、少し緩んできた感じで、そこそこ気持ちよく滑ることが出来ました。




滑っているうちにガスも抜けてきて、王博士の登り返しが見えました。あぁなるほどね。結構挫折するかもですね。まぁ、でもニセコのピークと同じ程度でしょうと。シューを使わず、ツボ足で登りました。が、けっこうきつかったです笑。

王博士ピークから駐車したところまでは、全部滑って行けます。緩んできた雪の癒しのブナ林を気持ちよく滑走。そのまま駐車したところまで行き終了。全部で6時間の行程でした。

博士山は思った以上に僻地で、癒しのブナ林が気持ちよかったです。本当は景色も最高らしいのですが、まぁ景色は次の機会のお楽しみという事で。




←前へ|バックカントリースノーボード日記次へ→

スポンサードリンク