スノーボード好きな管理人による、スノーボード好きに送る、スノーボード好きのためのスノーボードサイト!



トップページ > バックカントリースノーボード日記 > 中の大倉尾根(13.01.12)
中の大倉尾根バックカントリースノーボード
ニセコから帰ってきてから、とりあえずスノーボードの予定はなかった。それほどモチベーションも上がらなかったし、お誘いも入らなかったし。昨日、なんとなく天気図やら天気予報を見ていたら、いくなら今日かなと。セキネを誘ったら行くとの事。で、今日行ってきました。

突発的だったので、とりあえず近場の中の大倉尾根か赤面山あたりを狙って車を走らせた。那須に近づくにつれて、嫌な予感が。全然雪ないし。赤面山まで行ったけど、やっぱり雪がない。中の大倉尾根のほうが標高が高いし、ゴンドラ利用で距離も稼げるから、とりあえずマウントジーンズへ。準備を済ませ、早速ゴンドラへ。



ゴンドラはリフト1回券3枚必要。1350円也。標高1410bまで行っちゃうんですね。ゴンドラでさくっと準備、登山開始。




まずはゴンドラおりばから動いてないリフト乗り場の方へ。立ち入り禁止になっていますが、ちゃんとピステンがかけてあって歩きやすい。何人か入った跡がありました。




動いていないリフトのおりばに到着すると、数人の人がいました。登りに行くのかなと思ったら、どうやら自分達でキッカーを作り、練習しているとの事。やったなぁおいらも若い頃。懐かしい。

ピステンはここまでだったので、ここからはスノーシューをはいてハイク開始。




セキネ準備中。

準備が整い、いざ出発。




中の大倉尾根。結構まったりな尾根。割と歩きやすかったです。まったりな斜面を1時間くらいハイクすると、結構急登な斜面が出てきました。




セキネ君が頑張ってラッセルしてくれています。おいらより若いからね。頑張ってくれてありがとう!

上の方はあまり雪がなく、ブッシュが埋まっていない箇所もありました。快適なすべりができなそうだったので、程ほどのところからドロップすることになり、昼食。




雪山で食うカップヌードル。たまんねーっす。




ちょっとガスがかかっていますが、関東平野が一望できます。条件が揃っていれば、新宿のビル群とかも見えるそうです。スカイツリーも見えるのかな?




ここを滑ります。すぐに尾根に戻ってしまうと、滑れる距離が短いとの事で、ボウル状の地形を滑った後、そのまま沢地形を落とし、若干登り返す感じで行こうかと。

セキネと話し合った結果、セキネが先に滑ることに。ドロップ。うん、いい感じに滑っている。

で、おいら。セキネに撮ってもらいました。




これ、ちょっとわかりにくいのですが、この画像のピーク付近から滑りました。くるぶし〜スネ程度のパウダーがあり、想像以上に良かったです。ぶっちゃけ、ここまで良いとは思いませんでした。

その後はちょこっとだけ登り返して、あとは尾根沿いに滑り、マウントジーンズに戻り、ゲレンデを滑って戻ってきました。

突発的BCではあったけれど、天気も良く、近場でこんなにいいコンディションで滑る事ができたのはラッキーだったと思います。新たな発見もしたし、今度は違う形でやってみようとかいう話にもなったし、収穫の多い山行でした。ありがとう、セキネ!


←前へ|バックカントリースノーボード日記次へ→





スポンサードリンク