スノーボード好きな管理人による、スノーボード好きに送る、スノーボード好きのためのスノーボードサイト!



トップページ > バックカントリースノーボード日記 > ニセコアンヌプリ(13.01.02)
ニセコアンヌプリバックカントリースノーボード
ニセコのゲレンデからニセコアンヌプリに登頂するには、山頂にあるゲートが開かなければ登ることはできない。積雪量はもう充分に足りていたのですが、ピステンが一度踏まなければ開くことはできないらしく、雪が多すぎてピステンが登ることができずにゲートオープンが延び延びになっていた。今日のニセコなだれ情報では、グレーな表現だったので、装備を持参してゲレンデに行った。

朝一からゲレンデに行き、前日まで動かなかったリフトを攻めてみるとかなりいい感じ。でもみんな考えることは同じで、上部リフトには人が溢れていた。

10時半オープンとの情報が飛び回り、それよりちょっと早めに最上部リフトおりばに着く様にしたけれど、人が多すぎてなかなか進まない。



わかります?リフトおりばに黒山の人だかりがあるの。




リフト乗り場から山頂付近。すっごくいい感じですよね。




リフトおりばに到着。おりばには雪崩情報などが掲示されています。ここから登り始めます。先行者のトラックを使わせていただけるので、割と楽に登ることはできます。




やがて山頂に到着。やはり山頂もにぎわっていますね。登るので疲れて休んでいる人も多数。




今日は初めからバックボウル狙いで行きました。バックボウルはニセコアンヌプリで一番長い沢で、標高差約900メートルも滑ることができる。でもこれ・・・結構硬そう。とか思っていたら、本当に硬かった。途中からはバフバフたまに硬い。その後はバッフバフ。かなり難しいすべりとなりましたが、いやぁ最高でした。




滑った斜面を下から見上げる。いい斜面だなぁ。ここからボウル状の地形を滑ってスキー場のアンヌプリまで抜けます。

その後、アンヌプリのゴンドラとリフトを乗り継いで、アンヌプリ山頂ゲートから大沢へ。




ここを滑ったわけですが、やはり上の方はカチカチ、途中からバフバフでした。トータルで20分程度のハイクで、これだけ滑れるのですからもう最高ですね。


←前へ|バックカントリースノーボード日記次へ→





スポンサードリンク