スノーボード好きな管理人による、スノーボード好きに送る、スノーボード好きのためのスノーボードサイト!



トップページ > バックカントリースノーボード日記 > 鳥海山(12.05.01)
鳥海山バックカントリースノーボード
やっぱり春になると行きたくなる山、それが鳥海山。とか言いながら、去年初めて行ったのですが、なんか恒例になりそうな位好きですわ。山の形が直登&滑走なので、スノーボードBC向きな山でもありますし。

朝、酒田市内から車を北上させ、コンビニに寄るタイミングを失い、鳥海ブルーラインが出てきてしまった。ブルーラインを過ぎて、コンビニに寄ったらUターンするつもりでいたけれど、コンビニが一向に出てこない。気が付けば秋田県に突入して、秋田県のブルーライン入り口も過ぎてしまった。ほどなくしてコンビニが出てきて、秋田県側からのエントリーとなった。




鳥海山が顔を出した。アガルなぁ・・・・。
山道でグングン高度を上げていき、鉾立の駐車場に到着。準備をして早速登り始める。しかしいい天気だなぁ・・・。




ここからエントリー。初めから若干急登気味。登山道に入ると、




雪が無くなった(涙)
スノーシューを外して登ることに。
ちなみに鉾立登山口は、左側が崖になっている。雪の崖みたいになっているけど、たぶん雪庇だから乗ったら非常に危ないだろうと。




登山道から見える白糸の滝。
スノーシューを手に持って登山道を登るのは結構きついので、雪面を歩くことにした。




すっごいいい感じのオープンバーン。ここを滑れると思うとアガル。雪はイイ感じに締まったザラメで、ハイクしやすい雪だった。2時間半くらいのハイクで、標高1700地点まで到着。ここからはアップダウンがあったり、ガレ場だったりで快適ではないので、ココから滑ろうかなと。いいんです。ピークハントしなくても。ワタクシは滑ることが目的ですから。




鳥海山の最高峰、新山のピーク。去年は反対側の七高山のピークまで行きました。
さて、お楽しみの滑り。




コンデジだったのと薄くガスがかかっていたのでわかりにくいけど、一枚バーンの先が陸地になっていて、その先が海。最高じゃないですかこのロケーション。1人でテンション上がっていました。大きくターンを切りながら、雪もいい感じでたまに当て込んだりしながら滑走しました。実は滑っている様子を動画で残したのですが、撮り方が下手だったので、ほとんど空ばかりを撮影していました。

登りの時に遊べる斜面をチェックしながら滑りました。道路に出てそこから500メートル位歩いて駐車場に戻る予定でいましたが、ここで大誤算が。そりゃそうですよね。雪壁が垂直で、高すぎて道路に降りることが出来ない。うーん、どうしよう。

バックパックからスコップを取り出して、雪壁を崩して降りる場所を作ることにしました。まぁ、なんとか降りることはできたのですが・・・。




こんな感じ。今回は何とか降りることが出来たから良かったけど・・・。以後気を付けます。


と、まぁ、今回も鳥海山は最高の滑りとロケーションをプレゼントしてくれました。いやぁ〜、これ本当にくせになりますわ。遠いところまで車を走らせて、来たかいがありました。


←前へ|バックカントリースノーボード日記次へ→





スポンサードリンク