スノーボード好きな管理人による、スノーボード好きに送る、スノーボード好きのためのスノーボードサイト!



トップページ > バックカントリースノーボード日記 > 会津駒ヶ岳(12.04.15)
会津駒ヶ岳バックカントリースノーボード
今シーズンに絶対一度は行きたいと思っていた山、それが会津駒ヶ岳。秋には下見までして、絶対に行くと思っていた。1週間程度天気予報とにらめっこをして、天気の良い日を選び、今日に決定。残念ながら同行者を見つけることが出来なかったので単独での山行。朝早く起きて行こうと思っていたらなぜか深夜の2時に目が覚めてしまい寝れなくなってしまい、もう寝るの面倒なので3時前に家を出発、5時半には会津駒のふもとに到着した。そのころにはもう明るくなっていたので、さっそく登り始める。



会津駒の入り口。登山道入り口はここから30分位登ったところにある。



GWのころにはこの雪道が除雪され、登山道入り口の手前の駐車場まで車で行けるらしい。秋に来たときには一本道で、途中でショートカットできる部分もありました。雪があると勝手が違って、何を勘違いしたか道を間違えてしまいました。おかしいと思ってGPSで確認したらかなり道から離れていて、来た道を戻りました。30分位はロスしたかなぁ・・・。



会津駒登山道入り口。階段になっていて、センサーが付いていて登った人の数を数えるらしい。この辺は陽当たりがいいのかな?除雪しているのかな?この辺だけ雪がなかった。



秋の登山道はジグザグに登る感じだけど、冬はほとんど埋まっているので直登できる。ブナ林で気の間隔も広いので滑りに向いている山ですね。

結構急登な場所もあって、かなり体力を奪われました。後発の人にどんどん抜かれながら、GPSで高度100メートル登るたびに休憩。正直、ここまできついとは思いませんでした。修行不足ですな。まぁ早く登ることが目的ではないので、ゆっくり登りましょう。体力使いすぎて滑れなくなったら意味ないし。



登っている途中で見えた燧ケ岳。ピーク付近は急登っぽいですね。今シーズン、行けたら行きたい。



やっと森林限界を抜けた。目の前には会津駒のピークが。あのオープンバーンを滑れると思うとテンションが上がる。

森林限界を抜けたらもうすぐ。とりあえず駒の小屋に寄り道して休憩でもしますか。



駒の小屋に到着。とりあえず休憩しようと思ったら・・・。なんとやっていない。下山する人に聞いたらやっているような話だったので、小屋で水分を購入しようと思っていたので、水分のストックがない。これは参った。

ピークまではもうすぐだけど、水分がないとキツイよな・・・。モチベーションも一気に下がり、ピークハントはあきらめることに。いいさ、おいら登ることが目的じゃなくて滑ることが目的だし。

ちょっとの休憩後、駒の小屋からドロップイン。雪は所々引っかかるけど、いい感じのザラメ。いやぁ〜気持ちいい♪

途中でわざと沢に落としてみたり、ちょっと遊びながら滑って終了。ピークハントはしていないけど、今シーズンの目的の一つ、会津駒を滑ることが出来て大満足です。


←前へ|バックカントリースノーボード日記次へ→





スポンサードリンク